モデルナとファイザー

ようやく大規模接種会場でも基礎疾患を持つより若い世代に接種対象が移りつつあるようです。今後接種券が送られてきたら順次接種を受けられるようになります。

最近患者さんからモデルナとファイザーワクチンについて聞かれることが多くなってきました。ネットやマスコミで見れば違いは大体わかると思います。 

そうです。接種後副反応の発生確率はモデルナワクチンのほうが若干高いようです。接種した腕が一時的に腫れて動きにくくなる「モデルナアーム」という言葉もあります。しかしこれらは100%回復するということです。  さて、医療側から見てどちらが「扱いやすいか」という観点で選ぶとすれば、私は「モデルナ」を選びます。 理由は日本ではアナフィラキシーの報告がないこと、普通の冷凍冷蔵庫で管理できること、希釈の必要がないこと、などがあげられます。これは当院のような小規模なサテライト型のクリニックでは大切なことなのです。実は個々のクリニックはワクチン接種の契約を国と結ぶのですが、当初、当院は「モデルナ」を希望して出しました。しかしほどなくして担当者からファイザーしか選択肢がないと言われてファイザーに変更して契約したのです。日本ではファイザー(自治体、一般医療機関)、モデルナ(大規模接種、企業)とすみ分けられております。 では、どちらがいいか。ファイザー、モデルナ、それぞれ一長一短あります。総合的に判断すれば「ほぼ同じ」と考えていいと思います。 大切なのは「早く打つこと」です。

今、あなたが離島にいて急に島の山が噴火したとします。火山灰が降り注いできます。溶岩が流れ出てきています。急いで港に向かって逃げようと走り出します。港には船が2隻あります。  モデルナ号とファイザー号。  モデルナ号のほうが若干揺れるらしいですよ。    どちらに乗りますか?   あなたは先に出発するほうにきっと乗ると思います。

今はそんな状態と考えてください。これから置き換わるとされるインド株(デルタ型)は感染力が強く、ワクチンの効果も今までより弱いようです。日本人はファクターXという原因がまだわからないものの、ほかの国にはない免疫の強さがあるとされてきました。しかし、今回は私たちの免疫の上をいくかもしれません。(杞憂に終わればいいのですが)この株に対しては 1回接種で33%の効果、2回接種でやっと88%の効果とされております。できるだけ早く2回打たなければなりません。スピードが大切なのです。 ファイザーでもモデルナでもいいので打つと決めたら早く打ちましょう。2021.6.15

※コロナ変異種の表記について

WHOは2021.5.31 コロナ変異種の表記について、ギリシャ文字を利用することを決定しました。

 英国株はアルファ、南アフリカ株はベータ、ブラジル株はガンマ、インド株はデルタ(今はL452Rのこと) と呼ぶことに決まりました。そのほかの「注目すべき変異株」にも「イプシロン」から「カッパ」のアルファベットが割り振られました。

 

ワクチンを接種された時の具体的な注意点

注射そのものはあっという間に終わります。それから場所を変えて15分から30分経過を見ます。この時に医療関係者は何を見ているかというと、ご存じのようにアナフィラキシーが起こるか起こらないかです。では、打たれた人は何に注意していたらいいでしょう?

 1 息苦しさ   何となく息がしづらい

 2 脈の速さ   脈が速くなってきた

 3 皮膚の状態  赤くなってきた かゆみが出てきた

まず、この3つが出てくるかどうか自分自身を観察してください。時々ご自身で脈をとって計ってみたり、皮膚が赤くないか、かゆくないかをチェックしてみてください。また、気分が悪くなってきたり、腹痛が起きることもあります。小さい症状でも、異常を感じたらすぐ係員にお知らせください。 以上の段階で的確な治療を開始すれば、まず、100%回復します。アドレナリンの注射です。これは接種会場に必ず用意されております。 次によく言われる血管迷走神経反射についてですが、注射の恐怖や痛みに対して過剰に反応すると副交感神経が強く働き、血圧低下、徐脈が起こります。その結果、脳血流が減少し意識低下が起こります。  注射直後、徐脈というのがポイントですね。皮膚症状は冷や汗くらい。呼吸もほぼ正常です。こちらの治療は交感神経を刺激してあげるように考えます。注射するなら硫酸アトロピン0.5mgくらいでしょうか。 まず100%回復します。  いずれにしても、待つ間は不安なものです。ご自身でできることを今からシミュレーションしてみてくださいね。  私も集団接種のお手伝いをする予定です。予診担当になりますが、できるだけ明るく楽しく、皆さんが緊張しないようにしていくつもりです。2021.5.30

<経験談>

私も2回接種していただきましたがその感想と症状です。(ファイザーです)

1回目 注射そのものはほとんどいたくなかったです。約6時間ほどしてから打った場所が少し痛く感じました。その晩は(12時間後付近)打った側を下にすると痛かったですが、眠れないほどではありませんでした。翌日も違和感と痛みが少しありましたが痛みは徐々になくなってきて3日後には何も感じなくなりました。

2回目 接種後約6時間後から今度は少し腫れて発赤し痛みを感じるようになりました。夜も1回目よりは痛かったです。翌日普通に生活できましたが、接種後24時間してから何となくだるさを感じました。だるさはその翌日には取れて通常通りの生活に戻りました。接種した場所の発赤と痛みは4日ほど続きましたが、徐々に改善しました。2回目の夜と翌日にアセトアミノフェンを服用しました。

人によって反応は違うと思いますが、私の場合は上記症状で済みました。免疫のいい反応だったのかな、と感じております。2回目接種が終わった後は少し安心感がありました。

***アーカイブリスト***

打つべきか打たざるべきか

打つべきか打たざるべきか   横浜市でもワクチン接種の準備がようやく整ってきました。最近患者さんからよく聞かれることが、「打ったほうがいいのかどうか」「私は打っても大丈夫か」という質問です。  ファイザーワクチンの取扱説 […]

コロナ変異株の情報

 コロナ変異株の情報 大阪を中心とした関西圏で感染者が急増しております。変異株N501Yと考えられております。実際に臨床に当たられている大阪の先生の話では、「今までとはあきらかに違い若い人でもすぐに重症化してしまう。」と […]

ワクチン接種について

  ワクチン接種について 横浜市では5月17日の週から開始の予定です。金沢区では、1 金沢地区センター体育館(泥亀) 2 ビアレ2階(並木)の2か所が設定されました。今後さらに増えるかもしれません。 1 金沢地 […]

m-RNAワクチンの説明

このワクチンは大変巧妙に設計されていて、効果が高く、また、副作用がほとんど見られないことが特徴です。数十年後どのような副作用が出るかはわかりませんが、現時点では妊婦や小児以外の方は数十年後もおそらくほとんど問題ないと言っ […]