新型コロナワクチン中和抗体価の検査

当院ではコロナワクチンの中和抗体価の検査をしております。ワクチン接種の副反応でつらい思いをした方や自身の抗体価がどのくらいあるのか心配な方にお勧めします。

特に高齢者や飲酒をされる方は抗体価が低下しやすいと言われております。

 検査方法は「 抗CoV-2抗体S 」で外注測定します。結果は今の所、保険適応ないのであくまで目安とされます。

 これはワクチン接種後の抗体価を主に測定する方法で、感染を起こした後の抗体価を測定する方法とは別になります。 この数値の現時点での評価は以下のように考えられております。

          1、 0.8 U/mL以上  中和抗体陽性と判定できます。

    2、2000 U/mL以上  重症化の予防が期待できます。(ドイツの医療機関の報告ではこの方法での重症化予防のラインはコロナ未感染者の場合、1974.5 U/mLが中央値とされております。)

費用

保険適応はありません。自費検査で検査料は税込 5,000円です。

なお、検査結果は、感染するしないを、また、ワクチンの要不要を決定づけるものではありませんのでご注意ください。        

   2021.12.25

 

 

2021.12.25

インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチン 新型コロナのページでも書きましたが、現在の南半球の流行状態を見ると、本邦では今年はインフルエンザは流行しない可能性が高いと考えております。しかし、私はインフルエンザワクチンを打つつもりです。理由は […]

認知症と降圧薬

血液脳関門(Blood-brain barrier)を通過しやすい降圧薬は記憶力の低下をおさえる? Blood-Brain Barrier Crossing Renin-Angiotensin Drugs and Cog […]

コーヒー消費量と認知症リスク

コーヒーの消費量と認知症リスク  南オーストラリア大学のKitty Pham氏らは、習慣的なコーヒーの摂取が脳容積の違いや認知症および脳卒中の発症に関連しているかについて検討を行った。Pham K, et al. Nut […]